Top >  コーヒー豆について >  コーヒー豆の種類

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒー豆の種類

コーヒーの原種は3種類で、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種があります。

アラビカ種は世界のコーヒー生産量の半分以上を占め、普通に飲まれているレギュラーコーヒーはほとんどこのアラビカ種になります。

ロブスタ種はブレンド用や缶コーヒー、インスタントなどに主につかわれる種類。酸味、香りがなく、苦みが強いコーヒーです。

リベリカ種は生産量、品質ともに低いので日本では輸入されていません。

またコーヒーは熱帯の標高の高い場所で生産されますので、コーヒーの名前に山の名前がついているものもあります。

キリマンジャロ(タンザニア)はとてもポピュラーなコーヒーですね。

他には、

エメラルド・マウンテン(コロンビア)特級品
クリスタル・マウンテン(キューバ)高級豆
コーラル・マウンテン(コスタリカ)
マウント・ハーゲン(パプアニューギニア)
ガヨ・マウンテン(インドネシア)

などがあります。

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

トップページ  |  次の記事 コーヒーの淹れ方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/168

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト