Top >  コーヒー豆について >  コーヒーの発祥

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの発祥

コーヒーは世界中の人々に好んで飲まれていますが、いつ頃どのようにして作られたのでしょう。

コーヒーの発祥はいくつかの伝説や記録があります。

主にエチオピアで9世紀前後に飲み始められ、アラビアに伝わったと考えられています。

当時のコーヒーは、イスラム教寺院で僧侶が夜の勤行のときに眠気を覚ます秘薬として独占的に用いられていました。生豆を乾燥して煎じたものを薬として飲んでいたそうです。

またコーヒーの由来については、エチオピアのカファが原産地であるというのが定説となっています。コーヒーの生育に適した標高の高さ、やや酸性を帯びた赤色・沖積土壌、年間1500mmから2500mmもの降雨量がコーヒー育成に最適だったのです。このためエチオピアのコーヒーはアラビカ種の中で最も良質のコーヒーとして取引されるようになりました。

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 エスプレッソコーヒー  |  トップページ  |  次の記事 フレーバーコーヒー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/261

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト