Top >  コーヒー豆について >  コーヒーの種類「モカ」

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの種類「モカ」

コーヒーの中でもとても人気のあるモカは、イエメンやエチオピアでできるコーヒー豆の総称です。モカコーヒーの産地はアラビア半島南西部にあるイエメン共和国の山岳地帯とアフリカ大陸北東部にあるエチオピアの高原高地です。

イエメンの主なコーヒー産地は首都のあるサナア州、ホデイダ州、タイズ州の標高1000mから3000mの山岳地帯です。モカ・マタリはサナア州のバニー・マタル地方で産出されますが、世界でも最高級のコーヒーのひとつといわれています。

アル・マッカは、アラビア半島の南端にある積み出し港で、このマッカ(makha)はコーヒーの「モカ」の語源と言われています。このコーヒーは、イエメンのシュワイブ山(3660m)標高1000m〜3000mのバニーマタル地区で栽培されています。300年の歴史があり、化学肥料を使わない栽培方法とモカの風味が濃いことが特徴のコーヒー豆です。

モカ・ハラーはエチオピア・モカの有名産地ハラー地区のコーヒー豆で、標高2000mの高原で栽培され、人手によって収穫されています。火山灰土壌・厳しい温度差・日当たりの良い斜面といったコーヒー栽培に最適な土地で収穫され、強いモカの香りが楽しめます。

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 お気に入りのコーヒーカップでコーヒーを  |  トップページ  |  次の記事 コーヒーの種類「キリマンジャロ」  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/287

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト