Top >  コーヒー豆について >  コーヒーの種類「キリマンジャロ」

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの種類「キリマンジャロ」

キリマンジャロはタンザニアとケニアの国境に位置し、キボー峰(5895m)、マウェンジ峰(5149m)、シラ峰(3962m)などの峰からなる火山性の霊峰です。アフリカ大陸の最高峰、5895m。

キリマンジャロコーヒーの故郷はタンザニアですが、決められたエリアの中で栽培されたコーヒーだけがキリマンジャロコーヒーとして出荷されます。

コーヒーの品種としてはアラビカ種、緑灰色で大粒なコーヒー豆で、焙煎後は強い酸味と甘い香りを持つことが特徴のコーヒーです。

キリマンジャロはコーヒーのブランド名としての認知度は高いが、タンザニア全域を含めても全世界のコーヒー生産量の1%程度で少数です。

日本ではキリマンと呼ばれてコーヒー好きな人たちに親しまれています。カフェの発達する以前から喫茶店で人気がありました。

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒーの種類「モカ」  |  トップページ  |  次の記事 初めてのコーヒー輸入  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/288

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト