Top >  コーヒー豆について >  コーヒーの原種

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの原種

コーヒーの原種は、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の3種類です。世界で飲まれているコーヒーのうちの半分以上がアラビカ種のコーヒーと言われています。
普段飲んでいるコーヒーもこのアラビカ種なのですね。

アラビカ種以外の2つ、ロブスタ種は主にブレンド用や缶コーヒー、インスタントコーヒーになります。ロブスタ種は酸味、香りがあまり強くなく、苦みが強い特徴のあるコーヒーです。リベリカ種は生産量や品質が十分でないため日本では輸入されていないので飲むことができません。どんな味のコーヒーなのでしょう?

コーヒーの原産国は熱帯で標高の高い場所なので、コーヒーの名前には山の名前がついているものが多いのですね。たとえばタンザニアのキリマンジャロ、コロンビアのエメラルド・マウンテン、キューバのクリスタル・マウンテン、コスタリカのコーラル・マウンテン、パプアニューギニアのマウント・ハーゲン、インドネシアのガヨ・マウンテンなどです。

キリマンジャロはとても有名で、コーヒー通でなくても誰でも聞いたことがあるコーヒーの代表銘柄ですね。コーヒーの産地によって味と香りに特徴があります。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 お気に入りのコーヒーショップやカフェ  |  トップページ  |  次の記事 おいしいコーヒーの淹れ方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト