Top >  コーヒー豆について >  コーヒー豆の焙煎

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒー豆の焙煎

通常、コーヒー豆の焙煎はコーヒー店で行います。
最近はチェーン店やフランチャイズなど本部工場での焙煎過程を経て各店舗へ届けられることも多いようです。
コーヒー豆は生豆のまま日本へ輸入されます。

このときオーガニック(有機栽培)認定を受けるようなコーヒー豆は、虫食いを避けるために冬を選んで出荷されるなど、とても大切に扱われます。

コーヒーは鮮度が命です。通常、収穫から1年以内が良いとされています。
さて生豆の状態で輸入されるコーヒー豆ですが、これは一旦焙煎されると酸化の影響などで日持ちしないためです。

通常は焙煎から3〜4日後がもっとも美味しく飲める時期とされ、それ以降は酸味が増し風味が損なわれていきます。
焙煎後は酸化を防ぐために密封して冷蔵庫などで保管するといいでしょう。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 美味しいコーヒーの入れ方  |  トップページ  |  次の記事 コーヒー豆と香り  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/172

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト