Top >  コーヒー豆について >  コーヒー豆のロースト(焙煎)

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒー豆のロースト(焙煎)

コーヒー豆の焙煎方法(ロースト)の種類には浅炒り、中炒り、深炒りがあります。

浅炒りは、うっすら薄茶色がつく程度のロースト(焙煎)で、酸味が強く苦味はほとんどない味のコーヒーに仕上がります。浅炒りコーヒーはアメリカンコーヒー向けです。

中炒りは、コーヒーの中で最も一般的なローストで、茶褐色です。一般に売られているコーヒー豆のほとんどが中炒りタイプになります。酸味と苦味のバランスもよく、コクと甘みがあるため好き嫌いなくすかれる味のコーヒーです。

深炒りは、コーヒー豆の色は黒く、酸味はほとんどなく、苦味と香ばしさが強いコーヒーになることが特徴です。

コーヒーの生豆を火力で炒ることを焙煎、ローストと呼びます。コーヒー豆ははじめから茶褐色をしているわけではなく、ローストすることによって茶褐色のコーヒー豆になります。コーヒーの生豆は白っぽく本当に豆という感じです。

コーヒー豆は浅炒りにすると酸味が強く、深炒りするほど苦味が酸味を上回り苦味の強いコーヒーになります。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒー豆の種類について  |  トップページ  |  次の記事 コーヒー豆のブレンドとは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1931

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト