Top >  コーヒー豆について >  コーヒー豆のブレンドとは?

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒー豆のブレンドとは?

コーヒー豆には生産地や種類によってそれぞれ様々な特徴があります。単独でも完成されているブルーマウンテンもありますが、種類の異なるコーヒー豆をブレンドすることによって、より複雑な香りや酸味、苦味などを出すことができます。

何種類かのコーヒー豆をセレクトしてブレンドすることで、単独のコーヒーより独創的で個性のあるコーヒーの味や香り、コクを楽しめます。

コーヒー専門店などではショップのセレクトでブレンドされたコーヒーが売られていますが、セレクトスルにもコーヒーの特徴を知り尽くしていないとなかなか難しいものです。コーヒー専門店お勧めのブレンドを試して見るのも良いですね。

コーヒーには酸味の強い品種や苦味の強い品種などさまざまな特色がありますので、その特色をうまくブレンドして素晴らしい風味のコーヒーが楽しめます。
自分でコーヒー豆を買ってきて上手くブレンドできたら格別ですね。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒー豆のロースト(焙煎)  |  トップページ  |  次の記事 雑穀コーヒーはカフェインレス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1932

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト