Top >  コーヒー豆について >  コーヒーの味の決め手は?

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの味の決め手は?

コーヒーの味は一般的にローストの仕方で決まってきます。コーヒー豆をローストする時間が短い、となり、浅いロースト「浅煎り」のコーヒーは酸味が強く、苦味は少なくあっさりとした味わいです。
対してローストする時間の長い、深いロースト「深煎り」のコーヒーでは逆に酸味は消えて非常に濃厚なコクと苦味が前面に出ます。

このように浅淹りローストのコーヒーは酸味の強いコーヒーとなり、深淹りローストのコーヒーは苦味の強いコーヒーとなります。

コーヒーの香りは浅煎りから深煎りにかけて少しずつ変わります。中でも中煎り〜中深煎り(ハイ〜シティーロースト)で香りが1番強いコーヒーになります。

コーヒーの味わいを決定する苦味、酸味、甘味をはじめ、こくなどの味の性質、香りの強弱はコーヒーの生豆の種類や質、焙煎機の種類や性能、焙煎の仕方などによってさまざまに変わってきます。まさにコーヒーは自分の好みに合うように自由自在に作り上げられることが楽しみのひとつですね。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒー豆をおいしく保存するために  |  トップページ  |  次の記事 エスプレッソコーヒー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1937

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト