Top >  コーヒー豆について >  コーヒー豆の保存

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒー豆の保存

コーヒー豆は熱、湿気、酸素、直射日光に大変弱いので、保存場所として適しているのは、冷暗所ということになります。
冷蔵庫でも保存できますが、他の食品の匂いが映らないようにコーヒー豆専用のガラス瓶やタッパーにコーヒー豆の袋に入れたまま保存します。

もし蒸し暑い場所に保存しておくと、豆から炭酸ガスが発生して、品質の劣化が進み味が落ちてしまいます。

長期(2ヶ月)の保存には冷凍庫、中期(1ヶ月)の保存には冷蔵庫が適しているといえます。冷凍庫の場合は出し入れをあまり頻繁にしないこともコツです。

コーヒー豆は空気に触れないよう袋も細長い物がより良いですし、開封したらできるだけ空気を押し出して口をクリップなどでしっかり閉じて、密封できるガラスや陶器の瓶や缶などに入れて保管しましょう。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒーの淹れ方(ペーパードリップ)  |  トップページ  |  次の記事 コーヒーの淹れ方(コーヒーメーカー)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/194

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト