Top >  コーヒーのおいしい入れ方 >  コーヒーの淹れ方

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーの淹れ方

手軽なコーヒーメーカーで淹れるコーヒーは簡単なことがメリットですが、湯の温度が高すぎて香りや味に差が出たり、冷めやすかったり、コーヒー本来の旨みが出にくいことがデメリットといえます。

コーヒーメーカーでは湯の注し方が一点に集中するタイプが多いので、上手に対流しづらい、応用がきかない、コーヒーを淹れ終るとすぐに保温のスイッチが入ってしまうので、コーヒーが煮詰まったり、コーヒーの風味がこわれやすいなどがあります。

紙フィルタードリップではコーヒーを豆で購入して、淹れる前に挽く、が一番重要です。豆は粉に挽いてしまうと3〜4時間くらいで香りを失ってしまいますので、コーヒーミルは必須になります。

中細挽きを基準にして、好みで調節選ぶ。より細かくすれば苦味やコクが増し、粗くすれば苦味が少なくすっきりした味になります。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒー豆の種類  |  トップページ  |  次の記事 コーヒーカップ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/169

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト