Top >  コーヒーのおいしい入れ方 >  美味しいコーヒーの入れ方

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

美味しいコーヒーの入れ方

一般的なドリップコーヒーの美味しい入れ方を紹介しましょう。

美味しいコーヒーを入れるためには、
コーヒー豆を直前に挽くのがポイントとなります。

挽きの粗さはザラメ糖より少し細かい程度を目安とします。
ドリッパーにコーヒーフィルターを用意します。
フィルターが密着するように、大きさのあったものを用意しましょう。

コーヒー粉をフィルターに平らに入れ、真中に軽く窪みを作ります。
お湯は普段飲む水を沸かせば十分です。
数分沸騰させ、先ほど作った軽い窪みに10ccくらいを注ぎます。

そのまま挽いたコーヒー豆を少し蒸らします。
豆が蒸れると窪みの部分が逆に膨らんできます。
この蒸らしによる膨らみは、コーヒー豆が新鮮であれば新鮮であるほど大きく膨らみます。

コーヒー豆の鮮度は香りのバロメーターとも言われますので、コーヒー豆は冷蔵庫で保管するのがいいでしょう。

さて充分にコーヒー豆を蒸らしたら、
お湯を中心から円を描くように外へとたっぷり注ぎます。
ここでのポイントは一気に十分のお湯を注ぎコーヒーを抽出することです。
ふくよかな香りに包まれて、ほっと一杯のコーヒーを楽しみましょう。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒーカップ  |  トップページ  |  次の記事 コーヒー豆の焙煎  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/171

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト