Top >  コーヒーのおいしい入れ方 >  コーヒーのおいしい淹れ方<コーヒーメーカー>

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーのおいしい淹れ方<コーヒーメーカー>

コーヒーメーカーで淹れるコーヒーの淹れ方は、ペーパードリップの淹れ方の仕組みと同じですが、挽いた豆や水を入れてスイッチを押するだけでコーヒーができるので誰にでも出来て簡単で手軽な点が特徴です。

ただコーヒーの蒸らし時間がないコーヒーメーカーがほとんどなので、買う時や使う時には注意が必要です。美味しいコーヒーを飲みたいのなら、コーヒーメーカーが動き始めてすぐに一度スイッチを切ってコーヒーを蒸らす時間を20秒ほど取ってから、再びスイッチを入れるとより美味しいコーヒーが出来ます。

時間のない朝やオフィス、大人数分のコーヒーを一度に淹れる場合には大変重宝です。機種によって出来上がったコーヒーの味の良し悪しもあります。

あまり安いコーヒーメーカーでは水の温度が充分に上がらないこともあるので気をつけましょう。

コーヒーの粉の量は2杯分20g、1杯分12g、3杯分27gくらい、好みの味に粉の量を増減します。

湯温は90〜95℃、蒸らし時間は30〜40秒、抽出時間は蒸らしの時間も込みで3〜4分です。


コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 コーヒーのおいしい淹れ方  |  トップページ  |  次の記事 コーヒーのおいしい淹れ方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1927

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト