Top >  コーヒーカップについて >  コーヒーはお気に入りのコーヒーカップで

コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

コーヒーはお気に入りのコーヒーカップで

コーヒーを美味しく飲むお供は、コーヒーポットとコーヒーカップですね。様々な素材、デザインの中から好みにあうカップを見つけたらコーヒータイムがもっと楽しくなります。

コーヒーカップの素材には、陶器、磁器(ボーンチャイナ)、ガラス、ホーローなどがあります。値段も高いものから安いものまであります。お土産に買ったカップでコーヒーを飲むたびに思い出が蘇るなんていうのも良いですね。

陶器と磁器のコーヒーカップは良く見られますがガラス製のコーヒーカップも良いものです。また持ち歩きに便利な保温効果のあるコーヒーカップもコーヒーショップで売られています。ドライブの時に持っていくのにぴったりです。欧米ではこの持ち歩ける蓋付きコーヒーカップを持参してドライブスルーでコーヒーを入れてもらう風景を良く見かけます。

陶器に比べると磁器(ボーンチャイナ)は薄手で繊細、真っ白で紅茶に向いていると思われがちですが、コーヒーの繊細な味わいを楽しむためにも良いものです。コーヒーカップはティーカップに比べると背が高く、カンシェイプと呼ばれる寸胴スタイルが多いです。またソーサーのないマグカップで気楽にコーヒーを飲むことも多いですね。



コーヒーは水が命

人気No.1!
ハワイ行きの飛行機でもおなじみ「ハワイウォーター」をご家庭に
ハワイウォーターは超軟水で飲みやすく、おいしい水です。ミネラルウォーターと違い不純物を含まないので、コーヒーに最適。素材の味を邪魔せず、むしろ引き立てるお水です。

お薦めです♪
長野県北アルプスの湧水を磨き上げた「アルピナウォーター」おいしいお水をご家庭に
アルピナは口の中でとけるように広がり、 ヘルシーでとても飲みやすいおいしいお水です。 硬度はなんと 1.05という超軟水で、コーヒーを淹れると色や香が良く、こくのある味わいとなります。

 <  前の記事 おいしいコーヒーの淹れ方  |  トップページ  |  次の記事 コーヒーのおいしい淹れ方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1925

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「コーヒー。至福のひととき〜コーヒー豆選びとコーヒーの入れ方へのこだわり」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト